専門家ヘ依頼をする|将来のことを考慮する!不動産物件購入をどうするかを決断

専門家ヘ依頼をする

男の人

マスコミやユニークな建築物として取り上げられて有名になるケースも多いものです。 それから建築設計事務所に勤務する事務所員という立場の人も設計に携わることが多いものです。実際に施主と立ち会ってプランの作成の話し合いを行います。設計図書や確認申請書の作成、見積を行ったり施工業者を紹介したり、工事の監理を行ったりします。 管理建築士を置く建築事務所というのも存在します。この場合は主に建築確認申請業務を行います。 施工会社やハウスメーカーでは建築設計担当者がいます。全体的にプラン作成から立ち会って、見積書の作成や顧客への提示、契約や施工まで携わります。構造や建物の規模によっては木造や1級、2級の建築士資格が必要ですし、1級の資格ではさらに構造設計士や設備設計士というような区分もされています。

建築設計事務所はオールラウンドな融通の利く設計が期待できます。例えば地盤で地耐力があまり期待できない場合などにはコンクリート造をやめてベタ基礎の木構造にしたり鉄骨造の躯体にしたり変更も容易に行えます。 狭小な土地では設計事務所ではそれに合わせて建物を効率よくまとめることができます。 工務店やハウスメーカーでは建売住宅では同じ建物を建てて販売価格を下げることが出来たり、フリープランとして間仕切りを取っ払えるところはそうして建具の予算を削ったり、内装工事や照明器具、電気配線などを単純化することで建築費用を下げることも行えますので予算にもそれ相応に応えてくれるという良い面も持っています。 ハウスメーカーの設計事務所では土地の広さや形に合わせて、長年に渡って培われた理想のプランともいうべきものを持っていて企画型プランとして活用できるというメリットも持っています。

Copyright © 2016 将来のことを考慮する!不動産物件購入をどうするかを決断 All Rights Reserved.